防水工事

さまざまな種類がある防水工事。
特殊な塗料によって防水膜を形成するウレタン防水や、ゴム・塩化ビニールを使用するシート防水、ガラス繊維によって補強されたプラスチックを原料とするFRP防水、古くから採用されているアスファルト防水など、施工する箇所によって最適な工法を選びます。

例えば普段から人が出入りするベランダなら、安全性や環境のことを配慮しなければなりませんし、常に雨風にさらされている屋上なら、より高い耐久性が必要。
適切な判断のもと、防水工事を行うのが大切です。

■ こんな防水工事もおすすめ

すでに外壁が激しく劣化している場合は、一般的な外壁塗装よりも長期間安全を保てる「外壁防水工事」もおすすめです。
住まいの快適性や各箇所の劣化の進行状況、雨漏りなどのトラブルの有無といったさまざまな面を考慮し、問題解決に向けて対応いたします。

一覧ページに戻る