屋根葺き替え工事

経年によって劣化が進み、屋根の傷みによって雨漏りが発生している場合は、葺き替え工事が必要です。
葺き替え工事では、傷んだ屋根を全て撤去した後、下地から新しく施工していきますので、屋根の耐久性が格段に向上。通常のメンテナンスでは拾いきれない部分まで施工できるため、台風のような災害への備えにも最適です。

また、一般的な屋根瓦を金属屋根に葺き替えれば、屋根の重さはおよそ10分の1まで軽量化できます。近年頻発している地震対策の備えとしても、葺き替え工事は有効。
建物への負担をできるだけ軽減し、地震発生の際の被害を最小限に抑えましょう。

■ 葺き替え工事のメリット

□建物の寿命が延びる

葺き替え工事は下地部分から新しくしていくため、建物の寿命にも大きく関わります。
傷んだ下地を放置してしまうと、他の部分にも綻びが出てしまうため、定期的に葺き替えるのが効果的。スレート屋根の場合は20~25年、板金屋根は15~20年が目安です。

□幅広い屋根タイプに対応

既存の屋根の上から被せるカバー工法では対応できないような形状・状態でも、葺き替え工事なら対応可能。
長尺屋根の施工も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

□耐震性が向上

耐震性を重視すると、重量のある瓦屋根よりも軽い金属屋根の方が安心。
金属屋根に葺き替えれば、地震による瓦の落下や屋根の崩壊といった被害も未然に防げます。
ただし、建物の構造によっては重い瓦屋根全体でバランスを保っている場合も。屋根の状態をしっかりと診断したうえでプランをご提案いたします。

一覧ページに戻る