外壁塗装

「外壁を塗り替える」と聞くと、見た目を美しくするために行うと思っていませんか? もちろんそうした意味合いもありますが、それが一番の目的ではありません。

塗装が担っている役割のうち、もっとも大切なのは「住まいを劣化から守る」という点です。
太陽の直射日光や雨風、紫外線の影響を日々受け続けている外壁は、劣化が進行しやすい場所。放っておくと症状がエスカレートし、最悪の場合雨漏りの原因になってしまうことも。

そうした事態を防ぐためにも、ぜひお早めに外壁の塗り替えをご検討ください。
定期的にメンテンスを行い、お住まいをできるだけ健全な状態に保っておくのがキーポイントです。

■ 劣化の進行によって発生する症状とは?

【1】防水機能の低下

塗装工事の本来の目的は、塗膜で外壁をコーティングし、さまざまな影響によるダメージから守ること。そのため、塗膜が劣化し、本来の役割を果たせない状態だと、外壁材に直接影響が出てしまいます。
その結果発生するのが劣化症状です。ほんの少しの劣化でも、雨水浸入の要因となってしまうため、注意しなければなりません。

【2】ひび割れの発生

劣化の進行によって、外壁表面にひび割れが起こる場合もあります。雨水は、髪の毛程度の細かなひびからも浸入してくるので、油断は大敵。
また、浸入した水分が寒暖差の影響で膨張・収縮を繰り返してしまうと、さらにひびが大きくなってしまうケースも考えられます。

【3】躯体の劣化・腐食

下地にまで水分が浸入してくると、鉄部が錆びてしまい、木部の腐食を招いてしまいます。そうなるとシロアリを呼び寄せてしまうおそれもあるため、建物全体の耐久性が大きく損なわれかねません。
ぜひ、早めの対処をご検討ください。

■ 外壁のトラブルを防ぐために

以前の塗装で使われていた塗料や建材、それにお住まいの立地環境によっても異なりますが、一般的には約10年ごとに塗り替えを行うのが目安であると言われています。
つまり、一度塗り替えればそれでOKなのではなく、定期的にメンテナンスが必要であるということです。

その際に気がかりなのが、やはり「コスト」ではないでしょうか? お気持ちは分かりますが、ここでは長い目で見る意識が大切です。
劣化を放置していると、工事規模も自ずと大きくなってしまいます。当然コストも肥大化し、「こんなはずでは……」と頭を抱えてしまう事態に。
定期的に症状を確認し、こまめにメンテナンスを行う方が、コストの面でも工事規模の面でも負担を軽くできるのです。
できるだけ長く快適に暮らすためにも、ぜひ塗装工事をお考えください。

一覧ページに戻る